プロペシアの効果と副作用

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果がある治療薬です。

男性型脱毛症は成人男性に多く発症する進行性の脱毛症のことで、額の生え際が後退してきたり、頭頂部の毛髪が徐々に細くなり最終的に抜けて地肌が見えるようになってしまう症状を指します。

進行性であるため一度発症してしまうと治療を行わない限り症状は進行し、薄毛がより目立ち地肌の露出が増えてしまいます。

この原因は生活習慣や男性ホルモンの異常、遺伝などさまざまな要因が組み合わさって引き起こされると考えられていますが、中でも男性ホルモンの影響が大きいと言われています。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンのひとつが体内の酵素によりジヒドロテストステロンという物質に変化してしまい、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することで毛髪の成長サイクルが乱れてしまいます。

しっかりと成長できなかった毛髪は細く弱く育ってしまうため、簡単に抜けて薄毛となってしまうのです。

プロペシアは抜け毛予防の有効成分である「フィナステリド」を主成分とした医薬品で、日本国内では2005年12月から販売が開始されており、国内の15000軒近くの医療機関で処方されています。

プロペシアを服用することで、毛髪の成長を阻害するジヒドロテストステロン生成が抑制されるため、乱れた毛髪の成長サイクルが元に戻り、太く強い毛髪が生えてくるようになります。

プロペシアは毎日1錠を飲むだけで効果が現れることが特徴で、食事やアルコールなどの影響も受けにくいため服用しやすい治療薬と言えます。

気になるのが副作用ですが、症例は少ないものの、いくつかの副作用が報告されています。

そのひとつが男性機能に関するもので、ジヒドロテストステロン抑制作用によって体内で作られる男性ホルモンの量が減少することが確認されており、勃起機能不全や精液量減少などの男性機能低下の副作用が出ることがあります。

また、そもそもの性欲や性衝動自体が減少する場合もありますが、何れも発現率は1パーセントから4パーセント前後と高くはありません。

もうひとつが肝機能に関わるもので、肝臓に炎症が起こり機能に異常が出ることがあります。肝炎リスクを示す血液検査値の上昇や倦怠感、食欲不振などですが、この症状も発現率は1パーセント未満と非常に少ない症例となっています。

したがって副作用を過度に心配する必要はありませんが、服用を始めてからこのような症状が現れ、しかも長く続く場合はすぐに使用を中止して医療機関を受診することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました