ミノキシジルの効果と副作用

未分類

髪の毛を気にする人は多いですが、やはり男性が顕著になります。
男性ホルモンよりも女性ホルモンが関係している髪の毛ですが、男性の場合は女性ホルモンが少ないためある程度の年齢になると抜けやすくなります。

40代以上で髪の毛を気にしている人は3割以上と非常に多く、50代になるとさらにその割合が増してきます。特に日本人は、西洋人と異なり髪の毛があることを一種のステータスと考えるようになりますので、これがない状態が大事なものが欠落しているように感じてしまいます。
実際はそのようなことはないですが多くの人は何らかの対策を立てて髪の毛を増やしたいと考えています。
そこで、AGAの治療として有名な成分の一つがミノキシジルと呼ばれるものです。
これは、実に多くの症例がありますので信頼できる成分の一つと言えるでしょう。

そもそもミノキシジルとはどのようなものかといえば、髪の毛が抜けている個所につけることで髪の毛が生えてくる可能性があるものです。
働きとしては、血行促進することや毛母細胞とよばれる部分に働き掛けるため髪の毛が自然に生えてきやすくなります。
裏を返せば、この二つの部分の働きがうまくいってないと髪の毛が生えにくくなるといえるでしょう。もちろん、1回や2回使っただけではその効果を出すことはできませんが、継続的に使い続けることで次第に髪の毛がしっかりしてきます。
それだけでなく、今まで抜けてしまい生えてこなかったところもありはじめるのが大きな特徴といえるでしょう。

ミノキシジルには内服液と外用薬の2種類があり、若干効果が異なるのがポイントです。
内服液の場合には最後までよく届くため浸透率が高く、発毛効果が高いのがポイントになります。
これに対して、外用薬は、6か月以上使い続けた人の中で9割以上が髪の毛に改善があったとの回答を寄せているわけです。ただ、内服液に比べると若干効果が薄い傾向があります。

では、副作用はどのようなものが考えられるかがポイントになりますが、実際におこるものの一つとしては頭皮のかぶれやかゆみが発生することです。
これは、もともとの肌の体質もありますがつけすぎることにより肌荒れを起こす可能性があることがわかりました。
次に、頭痛が発生することが考えられます。頭痛に関してもやはり体質によるところが大きいですが、時には少しでも早く髪の毛を早そうと飲み過ぎてしまいそれがきっかけで頭痛になるようなこともあるでしょう。
それ以外では、動悸が激しくなる副作用も報告されています。

特に内服薬については 多毛(髪の毛以外の産毛も増えてしまう)や血圧低下、胸痛、息切れ、うっ血性心疾患、呼吸困難、むくみ などの重い副作用も報告されており、こちらのクリニックのようにAGA治療を行うクリニックでも処方しないクリニックが多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました