育毛を妨げる生活習慣

未分類

育毛を妨げる主な生活習慣は、食生活によるものだけでなく睡眠や運動に加えストレスまで含まれます。

特にストレスによる要因は特に深刻で、ホルモンバランスの乱れによって薄毛が更に進行してしまう可能性もあるのです。

なるべく育毛を優先する場合は、ストレスが加わらない生活習慣を行うことが重要になります。例えば、夜ふかししてテレビを見たり、スマートフォンを何時までも使用したりしないようにしましょう。

目から入ってくる刺激は、脳に伝わり、それがストレスとなって育毛を阻害してしまいます。また家庭内での家族との関わりの時間を増やすことで、ストレスと緊張状態の緩和が期待できるでしょう。

特に家族とのふれあいは、仕事のストレスを緩和させるためにも重要で、話をするだけでもストレス指数が減少していきます。食生活においては油分や糖分、塩分の多い食事は避けましょう。

特に天ぷらや唐揚げ、コンビニやスーパーなどで販売されている惣菜を中心とした食生活を送っているようでは、薄毛が更に進行してしまうだけでなく動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも高まり、外面だけでなく内蔵などにも負担をかけてしまうのです。

内臓の負担から運動が難しくなってしまい更にストレスが溜まっていくという、デフレスパイラル状態に陥ってしまうこともあります。

このような状態になることを防ぐためにも、まずは健康的な食事から生活習慣を改めていくことが重要です。

可能であれば、牛肉よりもカロリーが低くて消化に優しい鶏胸肉などを食卓に採用していきましょう。

他にも、コンビニやスーパーなどでの買食いは制限していけば、内臓脂肪の減少が期待できます。

ストレスの問題と食生活を改善していけば、次は運動を徹底していきましょう。

運動はジョギングやマラソンなどのハードなものを行うのではなく、毎朝一回だけラジオ体操をするなどして、筋力の劣化を低減していくことから始めることが重要です。

必ず最初から厳しいトレーニングを行おうとするのではなく継続することを第一に考える必要があります。ストレスと食生活、運動をきちんと行うことができれば、自然に睡眠不足も緩和されていくでしょう。

以上の点から、まずは乱れた食生活やストレス等から考え直していくことが重要になります。

育毛は体の毎日の生活習慣や健康状態によっても左右されることが多く、サプリメントや医薬品、育毛剤などだけでは対処しきれないことも多いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました